GelecekTatarは野菜と農薬に関する「生きる食」のことや、PM2.5などから身を守る空気清浄機のことについて考えます。

キッチン掃除のトップ5重要ポイントを押さえてらくらくお掃除!

  • HOME »
  • キッチン掃除のトップ5重要ポイントを押さえてらくらくお掃除!

毎日使うから仕方ないとはいえ、キッチンの掃除は面倒です。せっかくきれいにしたいと思ったら、ご主人やお子さんがすぐに汚してしまい、「キレイにしてもキリがない!疲れる」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。ここでは、キッチンの掃除を効果的に行う方法をお伝えしようと思います。なお、「お酢」「クエン酸」「重曹」など、たくさんのお掃除に役立つ用品はあるものの、これらを準備するのはそれはそれで面倒なので、できるだけ台所洗剤だけで掃除する方法をお伝えします。

シンク

シンクとエコ
シンクの掃除は毎日行う必要があるので、面倒ですよね。ただ、シンクの汚れは基本は台所洗剤で落とすことができます。

1.シンクの中
シンクの中は、台所洗剤をスポンジやたわしにつけて、軽くこすればほとんど問題なく落ちます。 もし落ちない汚れがあった場合は、台所洗剤をスプレーで吹きかけておいて、5分、10分後にこすり取れば、まず落とすことができます。台所掃除の中でも簡単な箇所です。

2.排水口付近(野菜くず取りかご)
排水口の周囲はシンクの掃除の一部なので、簡単に完了しますが、排水口の中にある野菜くず取りのかご掃除は苦手という方も多いです。おすすめなのは、くずかごにネットをかけてくずを取ることです。毎日このネットを取り換えれば、くずを取って捨てる手間、そして「汚いくずかごに触れなければいけない」という負担が軽減されます。なお、ネットですが、網目が細かすぎないものをおすすめします。網目が細かすぎるものは、網目の目地がすぐに埋まってしまい、水が流れなくなることがあるからです。

さて、くずかご自体の掃除ですが、水あかが付いている場合は、ペーパータオルなどで拭き取ってから、食器を洗うのとは別のスポンジやたわしに、台所洗剤をつけて掃除しましょう。水あかが主な汚れなので、掃除するのは不快ではありますが、苦労する点はありません。汚れも簡単に落ちます。

3.排水口の奥(排水トラップのヌメリ掃除)
排水口の奥の、くずかごのさらに奥には排水トラップがあります。これにより、排水管からの臭いが逆流するのを防いでくれていますが、赤っぽいドロドロした「ヌメリ」がついています。ヌメリは、水あかと、排水、野菜くず、食べ物くずなどが混ざり合ったもので、シンクの掃除で最も嫌な箇所です。臭いもそうですが、ドロドロした汚れを掃除するときの感触と見た目がかなりキツいといってよいでしょう。では、どうすればよいかについてお知らせします。

(1) 普段から排水口に入れる野菜取りくずかごに、ヌメリ取りを入れておく
ぬめり取りは漂白剤や除菌剤と同じ成分が含まれています。この除菌成分が、ぬめりに含まれる細菌が増殖し、ぬめりが増加するのを防いでくれます。しかしながら、ぬめり取りは完璧ではありません。ぬめり取りが十分に残っている場合でも、ぬめりが繁殖します。「やらないよりはやったほうがもちろん良いが、完璧ではない」と理解してください。

(2) 排水トラップのヌメリをキッチンペーパーで取る
はじめから「ヌメリで汚れている、スポンジで洗おう!」とすると、スポンジがヌメリでひどく汚れてしまいます。よって、まずはヌメリをキッチンペーパーできれいに拭き取りましょう。ヌメリが手に触れるのが嫌な方は、キッチン手袋をするのがよいでしょう。

(3) 洗剤を付けてスポンジかたわしで洗う
キッチンペーパーでヌメリの大半が取れた後は、食器を洗うのとは別なスポンジ、たわしで排水トラップを洗いましょう。

(4) 漂白する
最後に、ダメ押しで排水トラップを漂白しましょう。「漂白」というと、「白くする」というイメージがありますが、やっていることは強力殺菌ですので、排水トラップを元に戻す前に細菌が繁殖しにくくしておきましょう。

コンロ

コンロとエコ
理想的なコンロ掃除は、「調理したらすぐに掃除」なのですが、なかなか忙しかったり、面倒だったりして、理想通りにはいきません。「週末には掃除しよう」と思うと、1週間経ったコンロはそれなりに汚れてしまっています。では、効率的な掃除についてお教えします。

(1) 表面の汚れや食べ物くず、焦げたくずを取る
コンロの表面には、小さな食べ物くずや、焦げたくずなどがあったりしますので、まずはこれを取りましょう。そして、これを取ったら、キッチンペーパーに水を付けて、特に汚い部分だけさっと拭きましょう。

(2) 油汚れに強い除菌漂白剤をスプレーして放置
コンロ表面や側面に除菌漂白剤を満遍なくスプレーします。そして5分から10分放置します。

(3) キッチンペーパーで汚れを取る
スプレーしたコンロを放置すると、汚れが浮き上がって取りやすくなります。これをスポンジやたわしで拭くと、べたべたの汚れがついてしまうので、キッチンペーパーで汚れを取って、捨てるのが便利です。除菌漂白剤が手に付くと、手が荒れますので、必ずキッチン手袋をしましょう。

(4) ふきんで拭く
最後に、水を浸したふきんで表面を拭いたら完了です。

「あれ、五徳はどうすればいいのかな?」と思う方もいらっしゃると思いますが、五徳も上記の(1)から(4)の順で掃除すればOKです。五徳を掃除するときは、コンロから外して掃除しましょう。

換気扇

換気扇
換気扇の掃除は、キッチンの掃除の中で最も面倒な箇所といってよいでしょう。完璧に掃除するには、ハウスクリーニング業者のプロの力が必要です。つまり、プロでない我々ができるのは、「プロができる掃除の一歩手前まで」になります。

(1) 換気扇カバーをつけて月に1度取り換える
換気扇を覆うカバーを必ずつけましょう。換気扇カバーは、油を吸収してくれるスポンジ状のカバーで、スーパーやホームセンター、アマゾンなどで購入できます。ここで注意したいのは、格安のものを選ばないことです。格安のものは素材が薄いのですぐに油を吸って効果がなくなってしまいます。購入するのは、とにかく厚手のものがおすすめです。厚手のカバーをつけて、1か月おきに交換します。「まだ白い部分が残っているから、もう少し使おう」と思いたくなりますが、もったいない気持ちを我慢して1か月で捨てましょう。これが換気扇カバーの効果を最大限に引き出すコツです。

(2) 換気扇本体の周囲に漂白スプレーをかけて拭く
換気扇の周囲の部分に漂白スプレーをかけて、5-10分放置してから拭きます。スプレーは下に垂れてきますので、下には何もない状態でスプレーするのがよいでしょう。放置してからは簡単に汚れが取れます。

(3) 換気扇本体の掃除
最も面倒くさい換気扇本体の掃除ですが、まずは羽と中央の回転部分の取り外しが必要になります。電源が入っていないことを確認して、説明書通りに取り外し、漂白剤につけてから、ペーパータオルで汚れを取ってから洗剤で洗うのがよいでしょう。直接触ると、取れにくい油のべたべたが手に付くので、キッチン手袋を使うのがおすすめです。

賃貸住宅の多くでは、換気扇のマニュアル、説明書がついていないと思いますので、この場合は年に一度などタイミングを決めて、プロのハウスクリーニングを呼ぶのもよいかと思います。

電子レンジ

電子レンジ
電子レンジの掃除は大きく3つに分けられます。

1.電子レンジの中
最も掃除が面倒な箇所です。食べ物のカス、油汚れ、焦げなどが付着しています。一部はこびりついて取りにくくなっています。掃除の際は、スプレー型の台所洗剤を使って満遍なくスプレーし、放置してから拭き取るのが楽です。電子レンジの側面と底面だけでなく、上(天井)もきれいに拭き取りましょう。上を一番最初に掃除して、その後側面、底面と掃除するのがおすすめです。下から掃除すると、上を掃除したときに、汚れが落ちてきて再度下を掃除しなければならなくなるためです。

ターンテーブル式の電子レンジの場合、ターンテーブルを外して、裏側も掃除しましょう。隅に入ってしまった食べ物カスや油汚れなどは取りにくいですが、スプレー型の洗剤を吹きかけて放置してから、浮き出た汚れをふきんやペーパータオルで取るのがよいです。

2.電子レンジのドア
ドアの掃除は一番簡単です。台所洗剤をつけて、ふきんで拭きとるだけで簡単に取れます。ドアの端や接続部に食べ物のカスがたまりがちなので、ここは気を付けて掃除しましょう。なお、この接続部を掃除しているときは、手や指を挟んでしまいやすいので気を付けてください。

3.電子レンジの裏側
電子レンジの裏側はほこりがたまりやすい場所です。熱を排出するために切れ目が入っており、そこにほこりがたまりがちです。また、油分も付着しているので、電子レンジのドアと同様に台所洗剤をスプレーして、ふきんやペーパータオルで拭き取りましょう。切れ目に入ったほこりは取りにくいので、拭くときの向きに注意しましょう(ほこりが切れ目にたまらないような拭き方をしましょう)。

冷蔵庫

冷蔵庫電子レンジ
冷蔵庫の掃除は、下記の3つに分かれます。

(1) 冷蔵庫(冷凍庫)内の汚れ取り
冷蔵庫は意外と小さなごみがたまっているものです。野菜の小さな破片、玉ねぎの皮、こぼれた汁が乾燥したものなどです。掃除をするには、まず冷蔵庫のものを全て出すか、冷蔵庫の中で移動させて、掃除する場所を空けます。天板を外せるようであれば外してから、除菌漂白スプレーをかけて、5-10分放置します。その後、スプレーを洗い流して、普通の洗剤で洗えば完了です。

(2) 冷蔵庫表面の掃除
冷蔵庫の上面、側面、正面は、ほこりを取った後で、柔らかい布を水に浸して拭けば基本十分です。汚れがひどい場合は、洗剤を浸した布で拭いた後で、水を浸した布で再度拭きましょう。
面倒なのは、冷蔵庫の裏側です。冷蔵庫の裏側を掃除するには、冷蔵庫を移動させなければならないので、掃除する回数は多くの方で年に1, 2度程度かと思います。力持ちの家族に協力してもらい、冷蔵庫を移動させ、裏側のほこりを取ってから、水を浸した布で拭きとります。裏側には冷媒などあるので、強くぶつけないように気をつけて移動させてください。

(3) 冷蔵庫内の臭い取り
冷蔵庫の中の臭い取りは2つの方法があります。

1.日々の臭い取り
活性炭などの臭い取りを入れておけば、冷蔵庫の日常の臭いはおおむね取ることができます。冷蔵庫自体が狭いスペースで、かつ低温で臭いが発生しにくいので、他の場所と比べ、臭いはしっかりとれます。

2.特に臭う場合の対策
臭いが強いものをふたをせずに冷蔵庫に入れた場合などの対策です。おすすめは、オゾン発生器で冷蔵庫内にオゾンガスを発生させ、脱臭を行うという作業です。オゾン発生器を購入する初期投資がかかりますが、オゾン発生器は冷蔵庫以外の殺菌・消臭にも使えるので、購入しても無駄にはなりません。オゾン発生器から出ているホースを冷蔵庫内に引き入れ、オゾンを発生させます(オゾン発生中は同じ部屋にいないようにしてください)。10-20分でタイマーをセットし、終了後に冷蔵庫をあけて換気しましょう。オゾン自体は、自然に分解され、また食物に対しては無害なので、冷蔵庫に食べ物が入った状態でオゾン発生器をかけても問題ありません。

さて、いかがでしたでしょうか。できるだけたくさんのお掃除グッズを利用せずに、台所洗剤と漂白剤(漂白スプレー)だけで、汚れを落とす方法をお伝えできたのではないかと思います。ぜひ、日々の掃除に、また大掃除にお役立てください!

PAGETOP
Copyright © 未来への遺産〜GelecekTatar All Rights Reserved.