拝啓 空気清浄機様

拝啓 空気清浄機様


空気清浄機にお世話になっています。

私が最初に空気清浄機にお世話になったのは、家族のタバコの煙が気になった時でした。
当時は禁煙がかなり浸透してきてはいましたが、相変わらず家族はタバコが止められないようでした。

私は家族がタバコを吸う時は、必ず空気清浄機をつけていました。
そのおかげで煙草の煙の影響を受けることがかなり少なくなりました。

最近は自分の部屋に空気清浄機を置いて、部屋の臭いが気になった時につけるようにしています。
特に冬になると部屋を閉め切ることが多いので、どうしても臭いが籠ってしまいます。

そこで空気清浄機を時々付けて、部屋の臭いが籠らないように気をつけています。
先日、家で焼き肉をやったら、そのニオイが家中に充満してしまいました。

当日は自分の部屋を閉め切って、空気清浄機を付けてニオイを減らそうとしました。

そのおかげか翌日になったら、部屋のニオイはかなりなくなりました。
部屋の外に出たとたん、焼き肉ノニオイがまだ残っていました。

焼き肉のニオイは嫌な臭いではないのですが、それでもそれが続くとやはり不快に感じてしまいます。
それでも今の時期は窓を開けて換気ができるので、翌日の夕方にはそのニオイも無くなっていました。

私は特にニオイに敏感なほうなので、空気清浄機は必需品です。
今使っているものはかなり古いものです。

最近の空気清浄機はいろいろな機能が付いているので、それも気になってしまいます。
臭いを消すのも大事なのですが、代わりに爽やかな空気にしたいと思っています。

アロマなどを利用する方法もありますし、イオンの効果で部屋の空気をキレイにする方法もあるようです。
詳しくはわかりませんが、自分が快適に感じるならば、どの方法でも試してみたいです。

無臭の状態と自分が好きな香りがかすかに漂う状態のどちらが良いのかは、その時々によると思います。
体調の良くない時は好きな香りでも嫌に感じることもあります。

そう考えると、やはり空気清浄機も無臭に限りなく近い状態にしてくれるものがベストなのかもしれません。
その時々によって好みを香りは別に足していけば良いのだと思います。

香りを消す効果はトイレの芳香剤はかなり強烈です。
しかし、空気清浄機はそれとは目的が違います。

別の香りで嫌な臭いを消す方法ではなく、やはり空気そのものをキレイにすることが大切なのだと思います。

私はアレルギー性鼻炎の持病があるので、特に部屋の空気には敏感なのかもしれません。
これからも必要な時は空気清浄機を使って、部屋をクリーンな状態にしていきたいです。